フィルムテンションセンサ製品紹介

テンション・トルク計測器関連 〜フィルムテンションセンサ

フィルムテンションセンサ

MODEL:FTS-2000

用途

フィルム等のテンション変化をリアルタイムに計測できるテンションセンサユニットで、薄型設計が可能なので従来計測が困難な箇所の張力が測定できます。        

主な特徴

ひずみゲージを使用したテンション センサで、応答性に優れ、走行系の 過渡的なテンション変動を精度良く 計測できます。デジタルテンション アナライザー1TA20)と組み合 わせることで、計測値の良否判定 PCへのデータ出力が可能なため、 ライン制御および実験解析どちらに も利用できます。フィルムの幅、荷重等に応じてヘッド部をカスタム設計対応。

 

主な仕様
型名(MODEL) MODEL:FTS-2000
測定確度 200gf〜2kgf(2N〜20N)
測定確度 指示値の±(3%+5gf)以内
ローラ長 φ7 165mm※1
ケーブル長 φ5.8 2m※2
共振周波数 100Hz以上 ※3
許容負荷 F・Sの120%
使用環境 温度:0℃〜40℃以内
湿度:80%以内 結露しないこと
温度ドリフト 定格±1%以内(0℃〜40℃)
ゼロ点ドリフト 定格±0.5%以内(23℃±5℃)
外形寸法 w273 × H33.5 × D60 (mm)

デジタルテンションアナライザー 1TA-30

パソコンソフトでのデータ表示例

 

プリンタ等の走行系からのトリガ信号を取り込む
ことで、テンション変化と走行系動作の関係が
より正確にわかります。

 

ページトップへ