キャップ開閉トルク測定器製品紹介

テンション・トルク計測器関連 〜キャップ開閉トルク測定器

キャップ開閉トルク測定器

MODEL:CTA1-50N

用途

化粧品などの容器の開閉時に発生するトルクを計測する装置で、開閉をモータ制御でおこなうことで、繰り返し再現性が高く、シビアなトルク変動の解析や、連続試験にも適しています。    

特徴

試料の長さ 50mm〜160mm,直径φ13〜φ40までの幅広い容器に対応。検出したトルクは、パソコンにて波形表示され、キャップの開閉時の感触など従来、感覚的に仕分けていた商品の識別も定量的数値として管理できます。また、繰り返し動作を実施することで、キャップの開閉トルクの摩耗等やなじみにるトルク値の変動も解析できます。キャップ開閉に伴う上下方向への動きにクランプしている爪の部分が同調しなめらかに上下にするので、再現性のよいトルク値が計測できます。

主な仕様
型名(MODEL) CTA1-50N
測定確度 指示値の±(3%+0.05N・cm)以内
測定範囲 0〜±49N・cm(0.1N・cm以上から測定値保証)
回転速度 8〜90rpm
繰り返し回数 999回
試料高さ 50mm〜160mm迄対応
試料径 キャップ側:φ13〜40mm、本体側:φ13〜80mm
サンプリングレート 400Hz
トルク値表示 0.1〜99.9N・cm(2桁)
外部出力 アナログ出力 0〜5V(DC)
外部制御 I/OポートよりPCから制御
使用環境 使用温度 0℃〜40℃以内 湿度80%以内 結露しないこと
入力電源電圧 AC100±10% 50/60Hz
外形寸法 w300 × H387 × D350

トルク変動の波形表示

開閉繰り返し計測

試料クランプ部

 

 

 

ページトップへ