動摩擦試験機製品紹介

テンション・トルク計測器関連 〜動摩擦試験機

動摩擦試験機

MODEL:DFT-2
用途

樹脂などの摺動摩擦係数計測

主な特徴

樹脂などの試験片に、鋼球などで一定荷重を加え、往復運動させます。その際発生する摩擦力を計測し、摩擦係数の変化をグラフに表示、記録。計測部は恒温槽内に入れることが出来ます。

仕様概要

荷重範囲:200〜5000gf
摺動距離:10〜50mm
送り速度: 10mm/sec〜200mm/sec
繰り返し最大:10万回
使用温度:-20℃〜60℃(試験機本体のみ)

 

ページトップへ